オックス物語

ox1

ox3

赤松愛 エレクトーン あまえんぼうで16歳...
岡田志郎 リード・ギター すなおで陽気17歳...
福井利男 ベース ちょっぴりおとなっぽいのはリーダーのせい19歳...
岩田裕二 ドラム おとなしくて兄貴株19歳...
野口ヒデト ボーカル さびしがりや17歳...

vp8aa

なぜかれはさびしそうに歌うのか?
かれの心の秘密とは?


vp8

昭和42年12月1日-
大阪のジャズ喫茶ナンバ一番でデビュー
昭和42年12月28日-
野口ヒデトが参加。同時に杉山と栗山が脱退メンバーは5人となる。
昭和43年3月17日-
大阪サヨナラ公演で野口と愛がはじめて
“失神”大好評をえた。
オックス

ガール・フレンド
花の指環
橋本 淳/作詩 
筒美京平/作・編曲

NOTE: 
ビクター・オーケストラ
VP-8(1968.5)

vp13aa

ナンバ一番の専属バンド〝バックボーン〟のテストに合格したヒデト-これがスターへの運命の第一歩でした!

(1)


vp13

後列左から
福井利男、岡田志郎、岩田裕二
野口ヒデト、赤松愛

ある日、評判をききつけてナンバ一番にきたのが、OXの福井利男と岩田裕二でした。

(2)

オックス

ダンシング・セブンティーン
野口ヒデト
僕のハートをどうぞ
赤松 愛
橋本 淳/作詩 
筒美京平/作・編曲


NOTE: 
ビクター・オーケストラ
VP-13(1968.9)

vp13bb

「一度演奏をみにこないか」
そのひとことが、ヒデトの運命を
さらに大きく
かえたのでした!!

(3)

vp15

vp15aa

雑誌「明星」の協力をえて
十三年ぶりに父と再会...

(4)


オックス

スワンの涙
オックス・クライ
橋本 淳/作詩 
筒美京平/作・編曲

NOTE: 
ビクター・オーケストラ
VP-15(1968.12)

vp16aa

心にやすらぎをえて
ヒデトはきょうも歌います。
すてきな仲間
四人の雄牛(オックス)たちと...

(5)






vp16
オックス

僕は燃えてる
夜明けのオックス
橋本 淳/作詩 
筒美京平/作・編曲

NOTE: 
ビクター・オーケストラ
J.C.M制作
VP-16(1969)

ox2

vp19
オックス

ロザリオは永遠に
真夏のフラメンコ
橋本 淳/作詩 
筒美京平/作・編曲


NOTE: 
ビクター・オーケストラ
赤松愛脱退。田浦ユキ加入

vp19a
マルベル堂プロマイド


VP-19
vp21
オックス

神にそむいて
夜明けの光
なかにし礼/作詩 
鈴木邦彦/作曲
渋谷 毅/編曲


NOTE: 
ビクター・オーケストラ
J.C.M制作

vp21a
マルベル堂プロマイド


VP-21
vp22
オックス

許してくれ
あぼ・くみこ/作詩 
中村泰士/作曲
渋谷 毅/編曲

ジャスト・ア・リトル・ラブ
西川ひとみ/作詩 
中村泰士/作曲
渋谷 毅/編曲



NOTE: 
ビクター・オーケストラ
J.C.M制作

vp22b
メンバーのサイン?

VP-22(1970)
vp23
オックス

僕をあげます
花の時間
阿久 悠/作詩 
佐々木 勉/作曲
馬飼野俊一/編曲


NOTE: 
ビクター・オーケストラ

J.C.M制作

VP-23
vp24
オックス

もうどうにもならない
多木比佐夫/作詩 
淡の圭一/作編曲

ふりむきもしないで
多木比佐夫/作詩 
利根常昭/編曲


NOTE: 
ビクター・オーケストラ

東京音楽出版、J.C.M制作

VP-24(1970.12)

OX

TOP

THE SPIDERS
1965~1970

THE TIGERS

THE TEMPTERS

THE JAGUARS


THE CARNABEATS


GS Singles